ブログオリジナルの404ページを作成!既存ページを差し替える!見つからなくても帰さない

ブログオリジナルの404ページを作成!既存ページを差し替える!見つからなくても帰さない

wordpressのテーマLuxeritasに変更して、以前の404ページが消えたので新しくオリジナルの404ページに差し替えました。

404ページをオリジナルのデザインにする事は必要ないカスタマイズです。

ではなぜ404ページをオリジナルのデザインに変えたのか?

オリジナル404ページ

404ページは「404(Not Found)」と表示され、ユーザーがアクセスした時にそのページが存在しないURLだった時に表示されるページです。

URLが間違っていたり、削除されて現存しなかった場合などに表示されます。

カスタマイズの理由

私がオリジナルの404(Not Found)ページを作成した理由は、ブログ公開以降、途中でパーマリンクを変えたことにあります。

途中でパーマリンクを変更すると新しいURLにリダイレクトさせる必要がありますが、リダイレクトさせるプラグインが今回のテーマ変更に伴い無効化した事にあります。

Luxeritasにテーマ変更した事でパーマリンクリダイレクトのプラグインとぶつかり合いエラーが出ました。

そのエラーが半端ないエラーで、見逃せないものでしたので削除しました。

パーマリンクを変えたのはかなり以前になりますので、もういいかも?と思っていましたがリダイレクトを解除した途端少しではありますが旧URLでのアクセスを確認できました。

これはまずい!

オリジナル404ページの作成

以前は画像だけ差し替えており、ほとんど見つからないURLなどありませんでしたが、今回はちょっとケースが異なりますのでアクセスしてくれたユーザーに申し訳ない。

できる限りユーザーに滞在してもらいたいので404ページをアレンジしてみました。

オリジナルの404ページを作成するのは簡単です。

Xserverなら404ページをオリジナルのものに差し替える機能があります。

新しくページを作成して404ページを表示させれば良いのですが、今回はLuxeritas上で変更させました。

とっても簡単です。

404.phpに加えたい内容を書き込むだけです。

ブログの内容がほぼ特化しているので、最低限のものを書き加えてみました。

ブログオリジナルの404ページを作成!既存ページを差し替える!見つからなくても帰さない

以前のURLが「.html」で完了していたパーマリンクで、変更していたパーマリンクは「/」で終わるパーマリンクでした。

URLを変えてまで見たいのであれば変えてくれるかもしれない?と言う思いで、「.html」を削除して見てください。と言うコメントを入れました。

本当に見たいのであれば変えてくれるかもしれません。

それだけでは物足りないのでブログのコンテンツを表示させてみました。

気休めかもしれませんが、もしかしたらポチッとしてくれるかもしれません。

オリジナル404ページまとめ

気休めかもしれない事を少しでもユーザーの事を考えられれば、役に立つかもしれません。

オリジナルの404ページを作成しているサイトはたくさんあります。

とってもユニークな404ページを作っているサイトもありますので検索してみてください。

404ページは、どちらかと言うとアクセスして欲しくないページですが、ユーザーのちょっとした間違いとかリンクしてくれているサイトのURLの書き込みミスでも生じます。

できる限り求めているURLに誘導できるように考えるのも必要ですね。